技・トレーニング 講座 -Skill・Training- >ストラドルプランシェ(開脚上水平)-Straddle Planche(NEW)-

ストラドルプランシェ(開脚上水平)-Straddle Planche(NEW)-

ストラドルプランシェStraddle Plancheです。

うつ伏せの身体を開脚水平支持する技です。地面に直接手をついても、バーを用いても良いです。

やりやすい方で練習しましょう。


【動画講座です】


【動画の内容】

1

《ポイント》

1、胸を含んで(すぼませて)身体を締める。

2、なるべく肘を曲げない。

2

<感覚をつかむ>

地面に手をついて、肩を前方に出します。胸は含みます(すぼませます)。

できるだけ肘は曲げないにしましょう。

身体はクッと力を入れて締めます。

3

    

手のつき方は人それぞれです。ご自分にあった手のつき方を探してください。     

赤マル部は体重のかかっている部位を示しています。     

ストラドルプランシェの練習方法を3通り公開します。

<1、開脚座から腰を返す方法>

<2、フロッグスタンドから発展させる方法>

<3、倒立からおろす方法>

です。

4

<1、開脚座から腰を返す方法>

開脚座前屈から腰を返すストレッチをします。

この動きを「腰を返す」と言います。

5

6

7

腰を返すストレッチが難なくできるようになったら、地面に手をついて、     

身体を支えてストラドルプランシェにしていきましょう。

8

9

10

11

<2、フロッグスタンドから発展させる方法>

(段階1)フロッグスタンド

腕に膝をあてて身体を支えます。 全ての段階でなるべく肘を曲げず、身体を水平にしましょう。

12

(段階2)タックプランシェ

腕にあてていた膝を外し、身体を支えます。

抱え込みの姿勢にします。

13

(段階3)アドバンスドタックプランシェ

タックプランシェを発展させ、腰伸ばし、片足伸ばし、開脚等をしましょう。

14

15

16

(段階4)ストラドルプランシェ

ストラドルプランシェで支える時間を長くしていきましょう。

17

<3、倒立からおろす方法>

開脚倒立から身体をゆっくりおろして、できるだけストラドルプランシェでキープしましょう。

18

19

以上、3通りの練習方法でした。おさらいですが、ストラドルプランシェのポイントは下記の通りです。

《ポイント》

1、胸を含んで(すぼませて)身体を締める。

2、なるべく肘を曲げない。

以上です。

   

 

Copyright(c) 2005 Acrobatman. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com
inserted by FC2 system