技・トレーニング 講座 -Skill・Training- >側方宙返り、サイドエアリアル(側宙、女側宙)-Side Aerial-

側方宙返り、サイドエアリアル(側宙、女側宙)-Side Aerial-

側方宙返り、略して側宙です。英語でサイドエアリアル(Side Aerial)といいます。側方に宙返りする技です。

女側宙ともいいます。

踏み切り足で踏み切って、振り足を振って跳び、大きく開脚して片足ずつ着地します。

手を地面につけずに側転をする、という感じで行ないます。

説明の便宜上、以下サイドエアリアルとします。

(体操競技規則集には「片足踏み切り側方宙返り」と記載されていました。

2016年からの規則では削除されてしまっていますけどね。悲しいなぁ・・・)


【 練 習 方 法 】

その1 サイドエアリアルについて理解を深める

各局面の名称を理解 -Understand the each scene-

説明の便宜上、サイドエアリアルの各局面の名称を理解しましょう。各局面でのポイントも理解しましょう。

管理人のサイドエアリアルは踏み切り足が左足で、振り足が右足です。逆の方は左右逆にとらえてください。

踏み切り 跳び 着地
・踏み切り足(左足)で強く踏み切る。
・上半身を落としてから踏み切る。
・振り足(右足)を強く振り上げる。
・アゴを引いて身体を締める。
・振り足だった右足をすばやく回し地面につけようとする。
・振り足だった右足から着地。

 

側転(側方倒立回転)とサイドエアリアルの違いを理解 -Understand the difference between Cartwheel and SideAerial-

側転(側方倒立回転)とサイドエアリアルの違いは、地面に手をついているかいないかの違いです。

側転(側方倒立回転)で地面に手をつく時間を少しずつ減らしていって、サイドエアリアルに発展させていく練習をしましょう。

 


その2 サイドエアリアルを習得するための側転(側方倒立回転)を習得 -Master the Cartwheel for the Side Aerial-

サイドエアリアルを習得するための側転(側方倒立回転)を習得しましょう。

安全面においても、側転(側方倒立回転)ができないままサイドエアリアルの練習をするのは大変危険です。

側転(側方倒立回転)をするときは、アゴを引いてすばやく足を振るように心がけましょう。

常にサイドエアリアルを意識しましょう。

動画では良い例と悪い例を紹介しています。

※側転(側方倒立回転)は別ページにて詳しく練習方法を公開する予定です。更新遅れてゴメンなさい。


その3 側転(側方倒立回転)をサイドエアリアルに発展 -The Cartwheel to the Side Aerial-

 

サイドエアリアルのための側転(側方倒立回転)ができるようになれば、あとは手をつかないようにしていく練習になります。
側転(側方倒立回転)→とび側転→とび片手側転、と発展させていき、最終的にサイドエアリアルの形になります。
いずれも踏み切りの局面で、踏み切り足で強く踏み切り、振り足を強く振ります。
すると身体が跳び上がります。跳んでから手をつきます。手をつかないと頭を地面にゴッツンコです。注意しましょう。



サイドエアリアルのコツを再度まとめると、

 

1、踏み切り足で強く踏み切る。

2、振り足を強く振る。

3、空中では身体を締めてアゴを引き、振り足をすばやく地面につける。

 

以上になります。


Copyright(c) 2005 Acrobatman. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com
inserted by FC2 system